,

副業Webライティングで月5万円を稼ぐ方法(3ステップ)

  • 2022年10月4日

空き時間を使って副業を始めたいと考える人が増えています。

なかでも副業で人気となっているのが「Webライティング」です。

Webライティングが副業として人気になっている理由は、未経験でも始められるという気軽さです。

この記事では、未経験の方が副業でWebライティングを始めてから月5万円を稼げるようになるまでの手順について紹介します。

Webライティングは副業として稼げるのか? 答えはYes

まず気になるのが、Webライティングって本当に副業として稼げるのか?といった疑問です。

誰しも副業で稼ぎたいという願望はあるはずなので、実際に稼げるのかと言う点について解説します。

代表的な例をあげますが、Webライティングの仕事はクラウドソーシングというサービスを使うことで報酬を得ることができます。

クラウドソーシングの中でも、特にWebライティング案件が多い「Crowdworks(クラウドワークス)」を参考に、報酬を見てみましょう。

Crowdworks(クラウドワークス) では、Webライティングの仕事ごとに報酬がしっかり表示されるので、ぱっと見て稼げるかどうかが判断できます。

※赤い枠で囲っている部分が実際の報酬額です。

報酬の高いもので6万円という仕事があるのが分かります。これひとつで月5万超えちゃいますね・・夢があります。

他にも記事1本で1万円というものあるので、稼ぐことはできると言えるでしょう。

Webライティングは文字単価で報酬が決まる

Webライティングは、記事の文字数×文字単価で報酬が決まることが多いです。

たとえば、5000文字×文字単価1円=5000円といった報酬です。

そのため「文字数が多くて文字単価が高い仕事」が最も稼げます。

しかし文字単価の高いものは、法律や医療、金融分野など専門性が高いものが多く、未経験者にとってはハードルが高いこともあるので、仕事内容はしっかり確認するようにしましょう。

※全く知らない分野の記事を素人が書くのはムリゲーなので控えましょう。

文字単価は2円以上が狙い目

Webライティングでは、文字単価が0.2円や0.5円といった仕事もあります。

文字単価0.1円の場合、仮に10,000文字書いたとしても1,000円です。

これがもし文字単価が2円だったら、20,000円になるので稼ぎが全然違いますよね。

文字単価は最低でも1円以上、2円以上の仕事を探すのが効率的です。

Webライティングは副業OKなの? 答えはYes

実際に稼げることは分かったけど、副業でWebライティングをしても問題ないの?と心配される方がいるかもしれません。

結論、副業はOKです。

さきほど紹介した「クラウドソーシング」では、本名を公開しなくても仕事を受けることができますし、報酬も自分が指定した口座で受け取ることができます。

また単発で仕事をすることができるので、本業が休みの日に副業でWebライティングをする、という働き方をすることができます。

本業にバレずに副業できる

クラウドソーシングの一番の特徴は、本名を出さなくても仕事を受けられることです。

そのため、副業していることがバレたくない人にとって最適なサービスと言えます。

私もクラウドソーシングでWebライティングを依頼することはありますが、本名を聞くことはありません。

もちろんバレないとはいえ、写真を載せたり経歴を細かく書きすぎるとプロフィールでバレてしまうことがあるので、具体的なことは書かないほうが良いです。

副業ならクラウドソーシングサービスがおすすめ

Webライティングの副業を始めるなら、「クラウドソーシング」のサービスに登録して案件を獲得するのが一番早くて効率的です。

有名どころのクラウドソーシングサービスと言うと、以下の3つです。

●Crowdworks(クラウドワークス) :Webライティング系が多く、案件も豊富

●Cloudia(クラウディア) :ライティングやデータ入力など初心者向け。仕事の単価が高いのでおすすめ

●Lancers(ランサーズ) :Webライティングが多い

3つとも登録しておき、良い仕事があれば応募して受注するというのが良いでしょう。

登録自体は3分くらいなのでサクッと済ませておくと良いです。

Webライティングで月5万円を稼ぐ3ステップ

続いて、Webライティングで月5万円を稼ぐためのステップを紹介していきます。

月5万円を稼ぐための3ステップは次の通りです。

ステップ①:クラウドソーシングへ登録して仕事を探す
ステップ②:Webライティングの経験を積む
ステップ③:条件の良い案件を獲得する、または単価交渉する

おおよそ3カ月くらいあれば、月5万円稼ぐことはできると思いますので、がんばっていきましょう。

ステップ①クラウドソーシングへ登録して仕事を探す

まずステップ1では、クラウドソーシングサービスに会員登録して仕事を探していきます。

会員登録では個人情報や報酬の振込先などの入力が必要ですが、3分くらいで終わるのでここはサクっと進めましょう。

入力した個人情報は、表示するか非表示にするか選べるので、副業がバレたくない人は非表示にしておくと良いです。

登録したらさっそく案件を探していきます。

案件の探し方は簡単で、検索画面で「Webライティング」と打ちこみます。

検索すると様々なWebライティングの案件が出てきますので、どんなものがあるのかまずは詳細を見ていきましょう。

仕事のタイトルをクリックすると、仕事の内容や提出物、納期と報酬などの情報を見ることができます。

もし自分ができそうだなと思ったら「応募画面へ」というボタンをクリックして、仕事に応募します。

お互いにマッチングすると、契約となり報酬の仮払いが行われます。

仕事を終えて、終了報告をすることで納品となり、報酬を受けとることができます。

ステップ②Webライティングの経験を積む

Webライティングで月5万円を稼げるようになるには、とにかく経験を積んでいく必要があります。

まずは3000円、5000円といった仕事をしっかりこなして経験を積み上げていきましょう。

経験を積んで実績があれば仕事が取りやすくなったり、報酬の良い仕事を受けることができるようになります。

またWebライティングは人気で競争率が高いので、応募しても不採用になることが多々あります。

そのため応募はなるべく多くしておくことをおすすめします。

✓仕事を受注できるのは10%程度

Webライティングは競争率が高いので、応募してすぐに受注できるわけではありません。

受注できるのは10%程度と考えて、複数応募しておきましょう。

特に副業でやる場合、本業でWebライティングをしている方にスピードで負けるケースも多いです。

✓やりがちなミス

副業初心者がやりがちなのが、身の丈に合わない仕事への応募です。

本業で成果を出している方ほど、副業の報酬も高いものを要求する傾向があります。

また、できれば報酬の高いものをやりたいという願望から、仕事を選り好みしてしまう方もいます。

短い時間で稼ぎたくて、報酬の高い案件に応募したくなる気持ちは分かりますが、受注ハードルは割と高いです。

Webライティングは人気があるので競合も多いし、実績も重視されるためです。

報酬が高い仕事は、Webライティングを本業にしている方に受注されていきます。

なので副業であることを前提に、報酬が低くても良いので実績を積むことをまずはゴールにしましょう。

✓実績の目安は10本以上

Webライティングの実績をどれくらい積めば良いか?という目安については、10本以上が基準と考えておきましょう。

それだけ実績があれば、単価の高い案件を受注できる確率がグッとあがります。

しかし実績として一番効果があるのは、記事のURLを見てもらうことです。

書いた記事がネットに掲載されたり、ブログなどで記事を書いている場合はそれをプロフィールに載せるのも効果的です。

※副業がバレたくない人は、URLの公開は慎重に。

ステップ③:条件の良い案件を獲得する、または単価交渉

Webライティングの実績がたまってきたら、月5万円稼げる土台づくりとしては完成です。

※ここに来るまで最短で3カ月くらいはかかると思います。

Webライティングの副業で稼ぐ方法は2つ。

・条件の良い案件を獲得する
・単価交渉する

この2つについて解説します。

✓条件の良い案件を獲得する

これは冒頭にもあったように、文字単価の高い案件のことです。

1文字2円であれば、5000文字を書いて1万円の報酬です。

記事5本書けば、5万円。

1週間に1本ペースで書いていけば良い計算です。これなら副業でも可能ですね。

こういった高単価の案件を受注していけば、月5万円を稼ぐことはできます。

✓単価交渉する

少しテクニックが必要になりますが、単価交渉もひとつの方法です。

Webライティングには、単発のものと継続依頼があるものがあります。

この継続依頼がある案件を受注し、まずはしっかりと納品します。

そして継続的になったら、単価アップの交渉を行いましょう。

イメージとしては、文字単価1円→1.5円→2円といった形で少しずつ単価を上げる形です。

信頼関係があり、Webライティングの品質が高い場合は単価交渉に応じてくれるでしょう。

ただし副業でやる場合は、時間配分を考えておかないと本業とのバランスが取れなくなるので注意が必要です。

まとめ

今回は、副業でWebライティング月5万円稼ぐ方法について解説してきました。

Webライティングそのものは「稼げる」仕事ですが、ある程度の経験値が必要となります。

今回紹介したクラウドソーシングで経験を積んで、副業月5万円を目指していきましょう。

●Crowdworks(クラウドワークス) :Webライティング系が多く、案件も豊富

●Cloudia(クラウディア) :ライティングやデータ入力など初心者向け。仕事の単価が高いのでおすすめ

●Lancers(ランサーズ) :Webライティングが多い

記事一覧に戻る