転職希望者向け

デジタル業界
転職コンテンツ

今多くの企業でデジタル領域の
業務の重要度が増し、人材の採用を
積極的に進めています。

ここでは、転職希望者に向けた、
デジタル業界ならではの働き方や、
転職に役立つ情報をお届けします。

Contents

デジタルマーケターとWEBマーケターが年収アップに必要な経験とは

デジタルマーティングやWEBマーケティングを少しでも経験した方にとって、これからの自分のキャリアや年収は気になるところではないでしょうか。

どんなスキルや経験が転職に有利なのか、今の能力で年収がアップするだろうかと考える人は多いと思います。

そこで業界で10年以上経験がある専門家が、キャリア形成をするうえで必要な経験について解説していきます。

経験が年収に直結する

今後のキャリアや年収アップを考えるうえで一番重要なのが、WEBマーケティングやデジタルマーケティングの経験です。

経験とは、これまでの仕事を通じてどれくらい成果を上げて、どんなスキルや能力を身につけたのかを指します。

なぜ経験が重要かと言うと、採用担当者は自社の求人に適切な人材かを経験から判断します。

具体的に言うと、あなたのこれまでの経験が自社に活かせるか、活躍できるか、成果を出せる人材か、といったあなたの市場価値を見極めて年収の提示(オファー)をします

つまり、キャリアアップや年収アップを狙うなら経験を積んで市場価値を上げるしかありません。

あなたのスキルや経験が希少であれば年収は上がりやすくなりますし、誰でも持っているようなスキルや経験であれば平均的な年収になってしまいます。

ではどんなスキルや経験値が企業から求められ、市場価値が高いのかについて詳しく解説します。

デジタルマーケターとWEBマーケターの業務の違いとは

こちらの、デジタルマーケティングとWEBマーケティングの業務全体図を見てください。

WEBマーケティング業務は3つ

WEBマーケティングの業務を大きく分けると3つに分かれます。

1つ目は「流入数増加」業務で、SEOやコンテンツマーケ、SEM(リスティング広告等)や純広告、アフィリエイト広告などサイトに顧客を呼びこむ集客施策を指します。

2つ目は「顧客化(CV)」業務で、LPO(ランディングぺ―ジ最適化)、EFO(エントリーフォーム最適化)など呼び込んだ顧客を購買につなげる施策を指します。

3つ目は「リピート(LTV)」業務で、メールマーケティングやコンテンツ企画など購買した顧客をさらにリピート顧客にしてファンにさせる施策を指します。

またそれらの業務をするために必要な業務として、サイト制作・アクセス解析・データ分析があります。

デジタルマーケティング業務は大きい2つ

デジタルマーケティング業務は大きく分けて3つです。

1つ目は前項で挙げたWEBマーケティング業務の流入数増加と顧客化、リピートの3つすべてです。

2つ目はオンラインであるアプリやSNS、動画やオウンドメディアの集客施策や顧客の育成業務を指します。

3つ目はオフラインである店舗販促やコールセンター、DMや営業といった観点からの集客施策や顧客の育成業務を指します。

そしてその業務を円滑化したり効果を上げるために必要なのがMAツールや行動分析、AIやビッグデータ解析となります。

市場価値が高いのはデジタルマーケター

業務の違いから分かる通り、領域の広いデジタルマーケターは希少価値が高く年収が高くなりやすいです。

企業としても、WEBマーケティング業務しかできない人材よりも、領域が広く業務が多岐に渡っているできるデジタルマーケターに給与を多く払って採用したいと思うのは明らかでしょう。

ではデジタルマーケターの年収は具体的にいくらなのか?知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

デジタルマーケターはどんな経験を積むべきか

デジタルマーケターとしてキャリアを築くには、WEBマーケティングの経験を最低限積んでおく必要があります。

なぜならWEBマーケティングの考え方は基礎であり、デジタルマーケティングは応用です。WEBマーケティングの基礎を学ばずして、デジタルマーケティングはできないと言っても過言ではありません。

ではWEBマーケターとしてどんな経験を積んでおくとキャリアや年収アップにつながりやすいのかについて解説します。

WEBマーケターの集客経験は必須

WEBマーケティングは、「WEBサイトに限定したマーケティング」の手法で、目的が「流入数増加」「顧客化(CV:Conversion)」「リピート(LTV:Life Time Value)」の3つに分類されると解説しました。

「流入数増加(集客)」の主な業務
自然検索(=オーガニック検索)を攻略するSEO(サーチエンジン最適化)やコンテンツマーケ、広告によってサイト誘導を促すSEM(サーチエンジンマーケティング)や純広告、アフィリエイト広告など

「顧客化(CV)」の主な業務
LPO(ランディングページ最適化)やEFO(エントリーフォーム最適化)など

「リピート(LTV)」の主な業務
メールマーケティングやコンテンツ企画など

そしてサイト制作、アクセス解析やデータ分析はこれらの成果を上げるための土台として必要な業務スキルであることも紹介しました。

集客経験は土台になる

WEBマーケターからデジタルマーケターにキャリアアップをしたいのであれば、WEBマーケティングの土台をしっかり学ぶ必要があります。

WEBマーケティングの土台とは、データ分析と集客です。

WEBマーケティングを成功させ、売上を上げるには、集客が必須になります。
集客することができなければモノを売ることができませんよね。

そして集客力をアップさせるために必要になるのがデータ分析です。
集客数をさらに増やしたり、集客のためにかけているコストを下げるにはデータ分析が必ず必要です。

分析がないと闇雲に打ち手を講じて失敗を重ねたり、成果が全く出ないということが起きます。

まずはWEBマーケティングで土台をしっかり固めてからデジタルマーケターとなることをおすすめします。

すでに土台があり、次のステージを探してるという方は当社で転職相談を受けてみてください。

デジタルマーケターはWEB以外の領域もカバーせよ

デジタルマーケティングを一言で示すと、
WEBサイトに限定しないデジタル全体のマーケティング」です。

つまりWEBを含めた、オンライン/オフラインを含めた集客から顧客化、リピート化まで一貫した業務ができる人材がデジタルマーケターです。

改めて整理してみましょう。

オンライン
アプリやSNS、動画、オウンドメディアなどの活用による集客や顧客育成

オフライン
店頭販促、コールセンター、DM、営業による集客や顧客育成

施策効果の向上、課題発見
MAツール、行動分析、AI、ビッグデータ解析など

デジタルマーケターとしてキャリアアップや年収アップをしたいのであれば、まずWEBマーケティングの経験は必須です。

顧客を集めるところから購買、リピート化させるという一貫した消費者行動を理解しなければデジタルマーケティングの業務が務まることはありません。

市場価値が高いのはデジタルの課題解決が出来る人

デジタルマーケターには、消費者の購買行動が多様化する中で、オフラインやオンライン上でどんな顧客体験をさせることができるかといった立体的な課題解決能力が求められます。

そのためデジタルマーケターは、WEBのデータやオフラインのデータを統合し、様々な観点から分析して課題を洗い出し、いま顧客が求めているものは何か、提供すべき価値は何かということを常に問い続ける力が必要です。

複雑に絡む課題を解決できる人材だからこそ市場価値が高く、デジタル化が遅れている現代の日本に必要とされるのです。

求人の落とし穴に注意

年収の高いデジタルマーケティングの職種ですが、求人には落とし穴があります。それは求人のミスマッチです。

求人のミスマッチとは、企業の求人票と求職者の要件が合わないことを指します。

実は、デジタルマーケティングは業務の領域が広いために採用側である企業の求人票が実際の業務と乖離した求人だったり、実際はWEBマーケティングだったりと定義がバラバラなことが多いです。

また遠目には成長企業に見えても、データや体制の未整備でデジタルマーケティングができる状態になっていないなど、求人だけでは判断しにくい企業も存在しています。

当社ではこういった企業へのご紹介は極力避け、デジタルマーケティングで本当に成長したい方を、成長性のある企業にご紹介しています。

キャリアに悩んだらお気軽にご相談ください

当社はデジタル領域に特化した転職エージェントです。
デジタル業界に精通した国内唯一のエージェントとして、キャリアに悩んでいる方、転職を漠然と考えている方、転職活動中の方まで広くサポートしています。お気軽にご相談ください。

染谷祐吏 (yuri someya) :株式会社MOCHI代表取締役
2006年青山学院大学卒業。一部上場企業や医療系メガベンチャー、コンサル業界で8年以上デジタルマ―ケティングと人事採用に従事。面接した人数は3000人以上。2019年にデジタル人材特化型のエージェントとして株式会社MOCHIを設立。IT企業のアドバイザーのほか企業向けセミナーを実施。転職相談はFacebookメッセンジャーLINEからご連絡ください。

 

記事一覧に戻る
>

転職のご相談、エントリーはこちらから